当店の生い立ち

創業当時 もともと当家のご先祖様は当地(鳥取県西部)で庄屋をしていたそうなのです。よくある話です。しかし当家の屋号が「元庄屋」であるところを見るとあながち,はったりでもないのかなとも思います。が、祖父の時代に一攫千金を夢見て中国大陸に行き、そこでクリーニング店を開店しました。祖父は背が小さかったため戦争での召集を受けず戦時中も商売を続けていたようです。クリーニング店といっても当時は和服の洗い張りや紋書き、風呂敷などの染めものを主な商売としていたようです。そこそこ順調で従業員も多くいたそうです。しかし、敗戦。祖父の夢はもろくも崩れ去り引揚者となってしまいました。大陸で築いた財産はすべて没収され命からがらの帰還でありました。
本国に帰ってからは食べるのに困って、貧しい食事をしながらそれでも製材所などにアルバイトに行き日々の暮らしを何とかしのぐ暗い毎日。。。これから何をしようかな??という日々をすごしたあと、やはり他にないなって言うことで父がふたたびクリーニング店を開業します。ものもない、金もない裸一貫からの立ち上がりには苦労したようです。
かごを背負っての配達から、自転車を買い、オートバイを買い、車に乗り換えて少しづつ商売を軌道に乗せてゆきました。そのころにはドライクリーニングの真似事として,たらいにガソリンを入れ洗濯板で洗う手法を用いていたそうです。今では考えられないことです(笑)
そして父は結婚して私が生まれました。工場も二転、三転しながら現在の工場に落ち着きました。工場の中庭にこいのぼりのように沢山の洗い張りが張ってあったのを覚えています。

続きはこちら【続】創業当時のことへ