マジックやボールペン、墨の汚れについて

この依頼が意外と多いんですよね。子供がシーツにいたずら書きしたとか、ワイシャツの胸ポケットにボールペンを入れようとしたら、インクが付いちゃったとか。
インクの種類別にちょっと書いてみようと思います。

ボールペン

マジックインキのしみ

マジックインキは水洗いをしてはいけません。ましてや、石鹸でこすったりするとどんどん繊維にしみこんでいって、とれなくなってしまいます。
プロは、このあたりには何を使えばいいのか大体わかっていて、それぞれの人が得意のしみぬき方法で抜いてゆきます。マジックに対応する洗剤(油性の洗剤なので溶剤と呼ぶべきかもしれません)というのも実際にありますが、それを濯ぎだす機材がそろっていないと思うようになりません。だから、一般家庭の奥様方にはできない方法で染み抜きをすると思ってください。

ボールペンのしみ

ボールペンもこれに同じ。ただし、マジックインキほど激しく繊維にしみ込んではいきません。さっと書いた程度なら、表面にインクが付着している状態なので、プロならあっさりと抜きます。ワイシャツなどの木綿に軽くついたものなら、除光液や消毒用アルコールなどでも取れると思います。下に布を敷いて、上から溶液をふりかけ、濯ぎだしてゆくということができます。(布地がアセテートだと振りかけただけで溶けてしまいますし、色付きのシャツは色がムラになったり、輪どったりするというリスクがあるので無責任におすすめはできません)

またインクの量が多いときはにじんで取れなくなる可能性もあるので、結局はクリーニング店に依頼されることをお勧めします。ワイシャツのクリーニング代はすごく手間がかかる割には、どこのお店も安くなっています。
ボールペンのしみはプロには簡単だと書きましたが、繊維が合成皮革だったり、セーターだったりすると途端に難しくなってしまいます。このあたりは、技術者の勘と経験がものを言います。

墨のしみ

はっきり言いますが、墨はとれません。墨落としという洗剤も市販されていますが、完全には落ちません。墨を使うときは汚れてもいい服を着用されることをお勧めします。書道パフォーマンスなどを見ると、私はハラハラします。できれば黒い袴をはいてほしい。
ちなみに私の子供も、書道部にいたことがあり、ステージ上で行われるパフォーマンスをはらはらしながら見た記憶があります。
まだほかにも筆記用具はありますが、それはまたの機会に掲載させていただきます。