ようやく暖かくなって春の日差しが注いできました。

うちの庭にある小さな池も、春の用意をしないといけません。

雪の深い当地では、池を雪囲いします。

雪が入って池の水温が下がらないように、蓋をして春まで冬眠させるのです。

10年前に鯉を飼い始めたときは冬の過ごし方が悪く、たびたび鯉を死なせてしまいました。

20匹ほどで飼い始めた小さな錦鯉は、とても綺麗でかわいらしかったです。

早く大きくなあれと一生懸命餌をやって飼っていると、ジャックと豆の木のように、あっという間に大きくなりました。

あまりに池に対して魚が多くなりすぎ、全部を飼うことができなくなってきました。

近所の知り合いに引き受けてもらい、今は4匹になっています。

ちなみに品評会で入賞した鯉もいたりなんかします。

なぜか、古参のランチュウもいたりしましたが、鯉が大きくなると水槽に引き上げました。

あれから10年。鯉は60センチを超えています。

今日は暖かくなったので、日差しを求めて、蓋から外へ鯉が顔を出していました。

画像1

本日、池囲いを外してやることにしました。

これから春の日差しになれさせて、桜の時期になると餌をやることになります。

長い冬眠の間に、胃腸が弱っているので、少しづつ慎重に餌付けをしないといけません。

3日に一回だけ、少しだけ餌をやります。

鯉ももっと餌を欲しがりますし、飼い主も餌をやりたいのですが、じっと我慢の日が続きます。

もうすぐ桜の開花時期。

野生の生き物も、人間も活発に活動を始める時期です。

そして衣替えもピークになります。

クリーニング店を営業している私も、大忙しの時を迎えます。

そろそろ繁忙期が始まり、インターネットでのオーダーが多くなってきました。

春の衣替えには、お安くて便利な、リンピオユキトの保管クリーニングをお願いします。

オーダーいただきますと、集荷バッグをお届けします。

クリーニングにお出しになる衣類を詰めてください。集荷にはクロネコが伺います。