数年に一度、大きな寒波がやってきて、世の中は交通渋滞や水道の凍結に悩まされます。

私のお店、宅配クリーニング店リンピオユキトは鳥取県にあります。

山陰の島根県と兵庫県に挟まれたところ。

大山の麓のあたりです。

もともと、雪の多い地域ではあるのですが、今回は特別でした。

2021年1月7日から降り始めた雪は、あっという間に道路に積もり、峠はピカピカの圧雪状態。

8日には、従業員に自宅待機命令を出しました。

事故をしては元も子もないですからね。

 

天気予報でも厳重警戒を呼び掛けています。

低温注意報も出ているので、水道の出し水をします。

8日朝、工場に出てみると、出し水をした水道は大丈夫でしたが、洗濯機が凍っている。

ボイラーも凍っている。

配管も凍っている。

私の背筋も凍りました。

 

北海道のような極寒地では、建物自体を防寒使用にしていて対策は万全のようですが、私たちの所はそれほどの対策は取っていません。

かける根性と経費が違うのです。

だから、当店は数年に一度の大寒波には、いつも右往左往します。

 

今回も、朝から氷を解かす作業が始まります。

ぬるま湯にタオルを浸し、配管を溶かしてゆきます。

機械を一台ずつ慎重に。

そして、苦節2時間。

ザーッと配管内を水が流れる音を聞いたときには、感激もひとしおでした。

 

とにかく焦ってはいけません。じっくりと腰を据えて、淡々と作業をしましょう。

以前は、焦って配管を壊してしまったり、ボイラーのポンプを割ってしまったこともあります。ボイラーは数十万円の被害でした。

氷とお湯を使った極度の温度差はそれほどに、恐ろしいものなのです。

熱湯をかけてはいけません。

配管も凍って、硬く、もろくなっています。(もうろくではない)

 

洗濯屋にとって、洗濯機が凍るというのは致命的でございます。

数年ぶりの寒波に身も心も凍る思いでございました。

この時期になると、温かい常夏の島で暮らしたくなるのは私だけでしょうか。

 

さいわい、私の所はこれしきの苦労で済みましたが、大きな被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。