巷ではダウンウエアが大流行です。
軽くて暖かく、ファッショナブル。最近はダウンウエアも高性能で安価になりました。
昔のダウンウエアはもっとゴワゴワしていて、ふわふわと羽が飛び出したりしていました。

ご家庭でのダウンウエアのクリーニング

ダウンウエアを家庭用洗濯機で洗ったら、ダウンウエアが水を吸い込んで重くなり、脱水中の洗濯機が吹っ飛んだという笑い話のような話があります。ダウンウエア自体には問題があったわけではないのですが、家庭用洗濯機で洗うように企画されていなかったため起こった事故です。家庭用洗濯機では洗わないで下さいと注意喚起されたことがあります。
薄手のダウンウエアでしたら家庭用洗濯機でも洗うことができると思います。ただし、乾燥には十分注意が必要です。ダウンをふんわりと仕上げるためには乾燥機が必須です。それから、小じわが残った場合、アイロンがけには薄手のナイロンを溶かさないように細心の注意が必要になります。ダウンウエアには極薄のナイロンやポリエステルが使われており、ダウンを飛び出させないように極めて緻密な織りになっています。

ダウンジャケットの補修

春先には、クリーニング店にも大量のダウンウエアが持ち込まれます。
当店では、ダウンウエアのクリーニングには水洗いが最適であると考え、手間暇を惜しまずクリーニングと乾燥作業をしています。特にエリなどは汚れていることが多いので、注意して染み抜きも致します。
そして、ダウンウエアは小さな傷も注意が必要です。洗う前にダウンが飛び出さないように補修をします。ですから、当店に限らずクリーニングにお出しになるときに、傷がある場所をお知らせください。当店では小さな傷は無料で修復いたします。
ダウンウエアは、ドライクリーニングするお店が多いのですが、仕上がりの良さを考えると、たとえ手間がかかっても水洗いをしてくれるお店をお勧めいたします。